クリニックの精神科

街中を歩く中で、精神科をメインに診療するクリニックを目にすることもあるかもしれません。そういったクリニックを利用する際には、どんなメリットやデメリットがあるのか、さらにどんなポイントを意識して選べばいいのか見ていきましょう。

どんなメリットがあるのか?

クリニックを利用するデメリットとは?

総合病院の精神科

精神科へ行きたいならクリニックを利用するのも良い方法ですが、自宅の近くになければ総合病院を利用するという手もあります。そこで、総合病院を利用する上でのメリットやデメリット、選び方について見ていきましょう。

総合病院にはこんなメリットがある!

どんなデメリットがあるのか?

総合病院を選ぶ際のコツとは?

クリニック選びをする際に重要なポイント

自宅や職場からの通いやすさ

クリニック選びをする際に自宅や職場から病院への通いやすさは大変重要です。なぜなら精神科は、治療のために長期的に通院する場合が多いので、自宅から何時間もかかったり、仕事帰りに行きにくいクリニックを選ぶと通うのが面倒になってしまいがちだからです。クリニックに通うこと自体がストレスになってはいけませんよね。また、きちんと定期的に通院しなければ、せっかくの治療も意味がありません。特に、精神科に通う方々は、うつ病や不安障害を患っている場合が多く、外出を嫌う傾向が強いですよね。したがって、自宅や職場から近いクリニックを選ぶことによって、通院するために使う体力をできるだけ少なくしてストレスを軽くしようというわけです。

薬に頼らない治療が出来るのか

うつ病や不安障害などの精神科の病気には薬を用いた治療法と心理療法などの薬を用いない治療法があります。精神科の病気は、私たちの脳の中の神経伝達物質がバランスを崩すことによって発症します。したがって、薬を用いた治療法で神経伝達物質のバランスを整えて、症状を和らげることも一つの手になります。しかしながら、薬を服用するのは怖いという方も多くいると思います。そういう患者さんの意見にしっかりと耳を傾けて、心身の状態を適切に把握して治療法を決定してくれるクリニックを選んだほうが良いです。医者が一方的に薬による治療法を患者さんに押し付けるのではなく、患者さんが薬の利用有無を相談できるクリニックが望ましいと思います。

新宿の精神科は通院しやすい

新宿の精神科は交通網が発達した場所にあるため、通院しやすい環境です。仕事帰りなど時間がある時にゆっくりと診察を受けられます。